読めますか? テーマは〈泣く〉です。

贅沢品 kiori 値下げしました! 可愛い❤︎ 指輪 レディース チタンリング リング

答え
そそぐA02人気の家庭用品家庭用プール、315x185x65cm、大型プール、厚みあ

()

選択肢と回答割合

あおぐ 19%
そそぐ 57%
♦︎備前焼き 花生け 2耳付き 23%

号ぶ

答え
さけぶ(正解率 50%)「叫ぶ」と同じこと。夏目漱石「三四郎」などに「泣き号ぶ」の用例がある。「号泣」とは本来、声を上げて激しく泣くことだが、声を上げなくても使われる例が広がっている。しかし先日話題になった兵庫県議会議員の「号泣」は正しい使い方。

吹き抜け用 照明 NL 17431T

レトロ オイル ランプ アンティーク ガラス製 オイルランプ

おたけぶ 36%
くちずさぶ 14%
さけぶ 50%

贅沢品 kiori 値下げしました! 可愛い❤︎ 指輪 レディース チタンリング リング

答え
むせぶ(正解率 96%)むせること。また、泣き声をのどにつまらせ激しく泣くこと。咽はのどのことで、「むせぶ」の関連では「嗚咽(おえつ)」という熟語をつくる。

()

選択肢と回答割合

しのぶ 2%
すさぶ 2%
むせぶ 96%

馬謖

美濃和紙 和風 モダン照明ライト ペンダントライト 宙白
ばしょく(正解率 83%)「三国志」に出てくる諸葛孔明の部下。「泣いて馬謖を斬る」という故事で有名。孔明に目をかけられながらその命令に従わず大敗し、軍律のため孔明に斬られた。最近あまり聞かないが、身内に厳しい処分をするところがないせいだろうか。

()

美品 ligne roset(リーンロゼ) ソファ 「カラン」 定価25万

ばしょく 我楽家様専用★ フィロデンドロン ヘデラケウム『クリームスプラッシュ』鉢ごと
ばぞく スヌーピー SNOOPY レア ラグ ベッドカバー ソファーカバー
ばり 13%

滂沱

答え
ペルシャ絨毯 ペルシャキリム グーチャン産 97×44cm(正解率 92%)涙などが盛んに流れ落ちるさま。尾崎紅葉「金色夜叉」では「はらはら」と読ませている。元々は雨が激しく降るさまをいったようだ。

()

選択肢と回答割合

ぼうた 3%
ウェルカムボード ナチュラル ホワイト系 92%
ぽた 5%



贅沢品 kiori 値下げしました! 可愛い❤︎ 指輪 レディース チタンリング リング

()

この週は「泣く」。お分かりだと思いますが「号泣県議」が契機です。
羊毛100% ムートン パッチワーク座布団
同僚からは「初めて正しい『号泣』の使われ方に出合った」という冗談が飛び出しました。というのは、本来号泣とは「大声を出して泣くこと」なのに、最近は声とは関係なく単に激しく泣く意味で使われることがほとんどになっている実態があるからです。
タカギ 分岐水栓 JH9024 (STKD6)
文化庁のサイト「言葉のQ&A」ではこの結果を踏まえた上で次のように分析しています。「このように『号泣』の意味するところの範囲が拡大して用いられるようになったのは、週刊誌やテレビ番組などが、誰かの激しく泣く様子を、声の有無にかかわらず、『号泣』と表現し始め、それが、次第に、一般にも広がっていったのではないかと思われます。激しく泣いたり、大泣きしたりすることを表すのに、ふさわしい熟語がほかにないことなども関係しているのかもしれません」
たしかに2文字の熟語で、それも常用漢字など分かりやすい字で似た言葉を探すと「感涙」くらいしか思いつきません。それではインパクトが足りないと思う雑誌やテレビの担当者が「号泣」の語につい頼ってしまうのでしょう。
それに加え「号」の字が「さけぶ」ことだと意識されないことも「号泣」の受け取り方が変質している理由と思います。今回「号ぶ=さけぶ」の正解率が半分にとどまったことからもそれがうかがえます。
【赤字】ダイニングコタツ 掛け布団セット 110×70
ミラー 姿見 モダン コンテンポラリー シルバー XR-3378-120
実によく泣く星飛雄馬ですが、この表の「涙の種類」に「号泣」とあるのは意外にも1カ所だけ。あとは「悔し泣き」「悲し泣き」「感動」などと分類されています。そういえば確かに彼はよく涙を流しますが、わんわん大声を上げて泣くシーンはあまり記憶にありません。「号泣」と記されたのは恋人美奈さんの死のシーンで、確かに絶叫していました。しかし人前ではなく山の中で木に頭を打ちつけつつ泣くのです。どんなに取り乱しても男は人前で号泣するものではないという美学がうかがえます。
高品質 水墨画のスタイル カーペットW
春は曙光、夏は短夜 季節のうつろう言葉たち

当サイトの「読めますか?」をもとに、季節にちなむ言葉を厳選し加筆した本。

さまざまな文学作品が築いてきた味わい深い日本語の一端を紹介しています。

美しい季節の言葉を味わいたい方、間違えずに使いたい方におすすめします。

フォローすると最新情報が届きます

Twitter

Follow mainichi_kotoba